理想をかかげる!!

小手先のものってのはすぐ崩れますよね~(笑)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お産

生まれて初めてお産というものに立ち会った。それまでカイザーの例を何件か見てきたわけだが、経膣分娩は違った雰囲気だった。
分娩室の中で、妊婦さんは不安の中で痛みと戦っていた。その痛みは当然人によってどのくらいか異なるだろうけれど、男の自分が経験することは今後もあるはずが無い。しかし思った…女性はすごい。子供は欲しいけど痛みを乗り越えなければならない。別に病気でもないのに、身体に変化が起きていくという期待と不安が入り混じっただろう。それでいてこのイベントを乗り切ることの大変さを今回私は目の当たりにしたわけだから最中は感無量であった。
今回は経産婦の方であったため比較的難渋することなく産むことが出来たのかもしれない。しかし、会陰裂傷が起きてしまった。分娩における合併症はそれ自体母体の今後の生活に響くことが多い。そのため、現場のスタッフの方々も真剣そのものだった。産まれた後も油断はできず、肛門括約筋の縫合をしていた。産科での医療行為が新しい家庭を守ることに繋がっているのだなと感じた。分娩中は常に妊婦さんの体力を気遣っていたため、スタッフも身を削っているように見えた。おそらくそれゆえにいっそう意義のあるイベントなのかもしれない。
今回立ち会わせていただけた御夫婦のあの安堵に満ちた顔は忘れまい。経膣分娩が実習に入っていることはたしかに素晴らしいことだった。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。