理想をかかげる!!

小手先のものってのはすぐ崩れますよね~(笑)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿道 no.1

投稿に向けて色々やっていこうと思いますが

とりあえず目標だけ設定しておこうかな


最終的にはポケモンBW対戦の動画を作れるような段階にいたろうか!うん


まず動画を編集するソフトが必要になってきます

というわけで試しにいろいろ調べてみたものの、Windowsムービーメーカーなどの簡単なものではなくてもっと複雑に編集ができるものがいい

そこでかの有名なAviUtlを使うことにしました

僕自身、それまで「AviUtl」がなんのことを言ってるのか分からなかったし、分かることをあきらめていましたw

(今でもなんとな~くしか分からんけど)


インストールしたコーデック等については特にこちらを参考にさせていただきました

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13560379

うp主の方、ありがとうございましたm(_ _ )m



日常dlive-CA3A0283.jpg
前にCドライブ事件が起きたわけですが、今ではほら、この通り^^



動画を取り込んだらこれを使って編集できたらなと思います。


(※AviUtlよりも自分に会ったソフトが途中で見つかった場合、それに切り替えるかもしれません)






次は撮る動画についてですが、

DSには画面の出力が備わっていないので、ビデオカメラで直接撮るしか出来ませんでした。


私も初めのうちはそのことしか考えていなかったわけで、アナログでそのままPCにつないで撮るとか、DV出力使って撮るとか悩んでました。

アナログでのビデオキャプチャをしてみると、フォーマット(.mpeg)で映像MP2&音声MP1(真空波動研より)だったので扱いやすく、AviUtlでの編集も容易でした・・・が、ビデオカメラで撮ると画面に線が…(まぁよくあることですよね^^;


それ以外には、ビデオカメラを使ってSDカードに録画してそのデータをAviUtlに読み込んでもらおうという手段もとってみましたが、AviUtlでは編集が出来ずに終了orz

フォーマット(.ASF)で動画MP4&音声G.726だからかなぁ><;

ただいま試行錯誤しておりますあせる

(※追記…「SUPER」使って(.MP4)に変換したらAviUtl上で編集出来るようになりました!!)

まぁできたところで映像に線が入る問題は解消できませんが




そしてなんやかんやでいたった先が「偽トロキャプチャ(以下偽トロ)」です!

DSとPCとをつなぐことで、画面のドット一つ一つがきれいにPC上に認識されというか再現され、ゲーム画面をそのままの状態で取り込めるようになります。

しかし、偽トロをDSに内蔵できるのは旧DS(かDSi)ぐらいしかありません

詳しくはニコ百科で(http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%81%BD%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%83%A3


うちにはDSLLとパタパタと音が鳴るLiteしかねーよ!!カゼ


というわけで今更ながら旧DS買いました。

中古のやつですが、2700円で(充電アダプターなし

そして今日返品してきました(エッ(ノ゚ο゚)ノ


また別のん買ってきました。4100円の中古です(充電アダプターつき


日常dlive-CA3A0280.jpg
なぜ前のDSを返品してまでこっちを買ったかについてですが、この上のやつ…

ほぼ新品同然でした(見た目的に)。

画面にしてもなんにしてもめちゃくちゃきれいアップ




日常dlive-CA3A0281.jpg
あれ、旧DSが二台・・・



すみません、衝動買いですw

偽トロを改造するときに失敗するのも嫌なので、試しに壊れたもので練習しようかと思います。

左が先ほど説明した新品。右側が壊れたもの。

見て分かる通り、上の液晶割れてます


ちなみに500円です。なぜかNARUTOのゲームソフトも一緒にくっついてきました

(もしかしてハードよりもソフトの値段のほうが高くね!?)

たぶん前に使っていた人が抜くのを忘れたのでしょうね^^;




次回の投稿道では偽トロ内蔵についての話をしようと思います

ハンダ付けとか頑張らないとなぁ(ウっ・・・(T▽T;)

よろしくお願いしますorz(てかその前にテストぐはッ

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。